2014年05月12日

自己PR

今日は高校で出張授業。高校で小論文講座をするのは当たり前に
なったけど、自己推薦書講座をするのははじめてだった。
授業のペース配分をまちがえたアホ講師 (ぼく) に怒りの声を
上げるでもなく、懸命に自己PRを書く生徒たちを見ながら、ぼくが
彼らぐらいの歳のころに自己PRなんか書けただろうかと考えていた。

いや、彼らぐらいの歳のころどころか、
いま書けと言われても、きっと書けないにちがいない。
「自分好みにアナゴをさばけることには自信があります。」
「キノコの分類にかけては人後に落ちません。」
「淡水魚の知識であれば、近畿大会でベスト8ぐらいまでは行けるでしょう。」
おのれ、社会性のかけらもないではないではないか‥‥


posted by pilz at 21:56| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。