2014年05月18日

才能

ときどき、とある人の文章を、えぇ文章書きはるなぁと思って、
それこそ時間を忘れて、うっとり読んでいることがある。
ときには、魂を震わせるような言葉に出会ってしまって、
胸が熱くなることもある。油断していると、うっかり
涙腺がゆるんでしまうことさえ、ある。

なになに?誰の文章かって、当然、
わたくしの文章なのである。

以前、明石家さんまが、出演した番組のVTRを見て爆笑している
という話を聞いて、変わった人だなぁと思った記憶があるけど、
自画自賛は大切なことなのだ。口先だけで他人をほめるのは簡単でも、
心底自分をほめるのはむずかしい。そういう意味では、ぼくには
“自分をほめる才能” 、自我自賛の才能が備わっているのだ。
なんとめでたいことか。


posted by pilz at 22:07| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。