2015年03月11日

少年たち

b0037269_21552993.jpgもうやめようと思っていたのだけど、今日の一言でぐらついた。うーん、どうしよう、困った。

関係ないけど、つくしを採りに行きたい。つくしのことを考えていたら、おばあちゃんがつくしを「つくぼん」と言っていたことを思い出した。今から思えば、それは「つくし坊」の意味だったのだろう。春の土手から顔を出すくりくり頭の少年。頭の部分がぱっくり割れたのは笑っているように見える。ネギの花は「ねぎぼん」だった。その昔、土手や畑にはいたるところに少年がいた。
posted by pilz at 23:45| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする