2014年05月08日

「がんばれたらいいな。」

町内の冊子に「努力は必ず報われる」と書いてある。
なるほどそうであればいいなと思うが、次の瞬間、それでは困る、
とも思う自分もいる。「これぞ努力です」と言える努力など、
した記憶がないからだ。努力したひとだけ報われるのであれば、
自分は蚊帳の外になってしまうので、複雑なことになる。

以前、ある院生が「がんばれたらいいな」と盛んに言っていて、
変なこと言うなと思ったことがあったが、実際、院生が言うとおりで、
頑張ったことが結果と結びつくかどうかという以前に、
そもそも頑張れるかどうかわからないのである。

どのくらいになったら「がんばれた」ということになるのか、
よぉわからへんねんけどな、ニャン吉よ。


posted by pilz at 22:00| 京都 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「がんばれたらいいな」

私も本当にそう思います。
何でも一生懸命頑張っている人を見ると
「がんばる」というのも 持って生まれた一つの才能なのだなと思うのです。
もっと頑張れる自分だったら
これまでやってきたことが 人並み以上になれたのではないか〜と この頃つくづく感じます。
Posted by non at 2014年05月08日 23:42
nonさん

ぼくもがんばる才能はないようです。

>もっと頑張れる自分だったらこれまでやってきたことが 人並み以上になれたのではないか〜と この頃つくづく感じます。

まったく同感です。
今世はダメだったので、
来世に期待しようかなと思います。^^
Posted by pilz at 2014年05月09日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。