2014年05月27日

酒飲みの理屈

今日は高校で哲学の授業。といっても、担当はぼくではなく、F氏。
150人の高校生を相手にして、しかも1年生から3年生の
ミックスクラスで、哲学の授業をするなんて、前代未聞ではないか。
ぼくが担当者だったら、恐れをなしてかさかさと逃走しただろうが、
今日は担当ではないということで、高みの見物をしていた。

出張が終わってからは卒業生とぐだっと飲んだ。
まぁコンパで飲んでいるなんてうちは子ども相手に飲んでいるような
もので、ぐだっと、できればさしでじっくり飲むようになって、
人間的な付き合いも次のステップに進むのだ。
これは酒飲みの、都合のよい理屈かな‥‥

*あまりの誤字脱字の多さに修正いたしました。


posted by pilz at 22:36| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。