2014年11月30日

山田晶『アウグスティヌス講話』

山田晶先生の『アウグスティヌス講話』(講談社学術文庫)です。
もともとは別の出版社から出されていましたが、この文庫に再録されました。
著者が京都の北白川教会で一般の方に向けて話したものとあって、
大変読みやすい内容となっています。

もちろん読みやすいだけであれば紹介する必要はないのですが、
とんでもないモンスター、すいません、天上の神のような碩学(せきがく)が、
人間の姿をまとってわれわれ一般人の目線にまでおりてきて下さると、
こんなおそるべき一言一句ができあがる、というサンプルです。

山田先生については、CKPせんせの報告が貴重なので、ご参考までに。
posted by pilz at 22:00| 京都 ☁| Comment(0) | 好きな本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。