2015年02月25日

明日は

虐待的絆の形成に自分を虐待するような対象とのつながりであってもなにもないよりはマシだという心理が働いていると聞くと、なにも欲しないよりもむしろ無を欲するというニーチェの言葉を思い出す。そして、こういうことってけっこう身のまわりのどこにでもある気がする。楽しくない話をしてしまった。ともかく、明日、明後日は大学院と編入の入試なのである。沖縄での遊び疲れのとれない状態であってみれば、明日、深いメディテーションに落ち込むことは確実であると思われる。
posted by pilz at 23:38| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。