2015年03月14日

手塚治虫「雨ふり小僧」

いつからか、個研に一本の傘が置かれたままになっている。
心当たりのある人たちに問い合わせてみても返事はない。青い女性物で、
全体に色が褪せ、先の部分が欠けている。愛着をもって使われていたのだろう、
捨てることもできない。あれから何度か雨の日を過ごし、思い出してもらえる
チャンスを逸した傘は、もう忘れられてしまったのかもしれないが、じっと
持ち主を待っている。「雨ふり小僧」(手塚治虫)のセリフを思い出した。
(『手塚治虫名作集』第2巻、集英社文庫所収)

よく 物置なんかに ふるいカサが すてられてあるどに ああいうのから
おいらたち 生まれるどに

山奥の分校に通うモウ太は、本校の子どもたちから田舎者とバカにされる日々。
そんなある日、モウ太は橋の下で古傘の妖怪、雨ふり小僧と出会う。
モウ太の長靴を欲しがる小僧に、モウ太は三つの願いを叶えてくれたら
長靴をやると約束する。三つ目の願いは分校の火事を消して欲しいというもの。
火に近づいたら(自分が)消えてしまうと尻込む雨ふり小僧に、モウ太は言う。
「火を消してくれたらきっと長靴をやる。あの橋の下で待ってるから」。
その言葉を信じて小僧は必死で火を消す。だがその直後、モウ太は都会へ引越す
ことになった。長靴をわたすこともないままに。約束はすっかり忘れ去られ、
40年の歳月が流れて、モウ太は幸せな父親になった。ある日、娘にせがまれ
長靴を買おうとしたとき、モウ太は雨ふり小僧との約束を思い出す‥‥

雨はまた降る。傘といっしょに、個研の住人も、
もう少し持ち主を待つことにしよう。
posted by pilz at 22:20| 京都 ☀| 好きな本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする