2015年03月18日

飛行機雲

hikouki.jpg
卒業式が終わり、研究室でひと息ついて窓の外を見てみたら、
もう構内はひっそりとしている。

昨夜は、ずっと以前に書いた文章を読み返していた。
1年生の虚(うつ)ろな瞳にショックを受けたことが書いてある。
その目を見たとき、この学生は4年では卒業できないと感じたのだった。
きっと6年にちがいない、いや中途退学かもしれない――理性ではなく、
感情のどこかの部分が差し引き計算の答えをはじき出していた。

それから4年。みごとに学生は卒業式の列にいた。ひとりの人間。
こんな複雑に入り組んだものの行く末を一目で推測するなど、
できるはずもなかった。自分の愚かさを改めて思い知らされたわけである。

もちろん4年前に今日のことがわからなかったのと同じように、
このさきのこともわからない。それでも、窓からのぞく青空には
飛行機雲がぐんぐん伸びていく。
(これは、以前に別のところで書いた記事の再録です。)

ichigo.jpg
kinrui01.jpg
d.jpg
box.jpg
f.jpg
bouzu.jpg
kiyo.jpg
kame.jpg
open.jpg
ouji.jpg
r.jpg
z.jpg
zemi.jpg
そして‥‥
posted by pilz at 23:00| 京都 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

利他的衝動

もうすぐ彼岸という時期になった。盆と彼岸には墓参りに行きたい
と思っているが、年々忙しくなってきてなかなか時間がとれない。
彼岸のつもりが、いつも1カ月も2カ月も遅れる。

幼いころ、祖母は毎月、祖父の命日が近づくと墓参りに行ったものだ。
墓へ続く道には急な坂道があって、花やらお供えものやらをどっさり積んだ
乳母車を祖母が押し切れなくると、ぼくが代わって押した。その坂道は
残っていて、いまでもそこを通る度に誇らしい気持ちになれる。

祖母は頼みごとをしない人だった。人に頼むぐらいなら、自分でなんとか
しようとする人だった。そして愛情に深い人だった。ある宗教家が
「利他的衝動」という言葉を使っていて感心したことがあるが、思えば、
祖母の行為は一種の衝動と言えるほどに強い動機から生じていた。この人の
すさまじい愛情がなければ、ぼくがここに存在することもなかっただろう。

人に頼みごとをしない祖母だったが、たったひとつ、くりかえしぼくに
頼んだことがある。「(自分が死んだ後も)おじいさんの墓参りに行っちゃって
(行ってあげてください)」ということだった。けっきょく、自分のことは
なにひとつ頼んでいないのである。
(祖母の記事が多くなりました。ご寛恕を。)
posted by pilz at 23:49| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

不思議いっぱい。

まもなく3年目の任期を終えることになります。
ひとに迷惑をかけるのもいやですし、もともと1年でやめようと思って
いた仕事なのですが、不思議なことに、3年も続けることになりました。
そしてもっと不思議なことに、4月以降も続けることになりました。

なにかひとつ伝えたいことはありますか?と聞かれたら、
これから前途洋々な若いひとたちには、こう伝えたいと思います。
それなりに生きていれば、不思議なことがいっぱい起きる、と。
ちょっと前までは想像だにしていなかったようなことが起きる、と。

ぼくといっしょに仕事をはじめた隣人先生は、残念ながら、
今月いっぱいで仕事を終えられるそうです。隣人先生には、
ぼくが院生のころからお世話になっていて、この仕事についてからも、
やっぱりお世話になったのでした。ありがとうございました。

これまで、たくさんのひとが通り過ぎてゆくのを見てきましたし、
そのそばを通り過ぎ追い越しもしてきました。4月になれば、
また新しいひとたちと出会えるのでしょう。あっそうだ、
4月になる前に3月21日はオープンキャンパスなのです。
posted by pilz at 23:42| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

返答

残りがわずかになってきましたので、中高生からの問いかけに
ここでひとつひとつ答えることはもうできないと思います。なので、
寄せられるメールのうちで、けっこう多いパターンのものを貼っておきます。
あなたが寄せてくれたメールについて、私の考え方を書きたいと思います。

>私は、自分の存在価値とは何か?
なぜ苦しくても生きていかなければいけないのか?を勉強したいのです。

「なぜ苦しくても生きていかなければいけないのか?」と問われれば、
今は、「苦しくてもぜったい死んではいけない、とまでは言えない。
しかし、できれは生きていて欲しい」と答えるでしょう。

「では、なぜ生きていて欲しいと願うのか?」と問われれば、
「あなたの姿形や考え方は私に似ているから」と答えるでしょう。

「では、なぜ私に似ていれば生きていて欲しいのか?」と問われれば、
「私が生きていたいから」と答えるでしょう。

「なぜあなたは生きていたいのか?」と問われれば、
「私は私が大切であることを知っているから」と答えるでしょう。

「しかし、自分はあなた(pilz)のように生きていたいとは思わない。
私は自分が大切だとは思わないし、生きていかねばならない理由がわからない」
と言われれば、最初の答えに戻るか、沈黙せざるをえないでしょう。

と、私の答えは現時点でも答えになっていないのですが、
ここで、ふたつのことが言えると思います。

まずひとつは、美しい答えを出すことが哲学ではなくて、
自前の問いについて考え続けることが哲学であるということ。
そういう意味では、すでにあなたは立派に哲学をしています。

もうひとつは、自分や他人を大切に思うことは、
人との関係のなかからしか生まれてこない、ということです。
けっきょく自画自賛のようになってしまって心苦しいのですが、
自分の言葉に耳を傾けてくれる人がいるというのは、
そうした関係のひとつなのだろうとぼくは思っているのです。
(「中高生からの問いに」vol.10)
posted by pilz at 22:14| 京都 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

危ない危ない

楽しく飲みすぎて、あやうくブログ更新時間切れでした。G君とK君(誰かな)とで深飲みしておりました。K君、次に会うときはお土産はいらないから、その身ひとつで来てください。I庭うどん、ありがとう。
posted by pilz at 23:17| 京都 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

メロンパン史上最高

メロンパンをもらった。uさん(ちなみに、K課のueさんではない、念のため)からのお土産のおすそ分け。Sさんが私の「メロンパン史上最高」と言っておりましたが、美味でありました。ありがとうございます。このこととは関係ないが、痛すぎるダブルブッキングをしでかしていたことに気づく。あぁ痛すぎる、大馬鹿者め、あぁーもうなんともならん、申し訳なさの海に沈没する。
posted by pilz at 22:00| 京都 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

少年たち

b0037269_21552993.jpgもうやめようと思っていたのだけど、今日の一言でぐらついた。うーん、どうしよう、困った。

関係ないけど、つくしを採りに行きたい。つくしのことを考えていたら、おばあちゃんがつくしを「つくぼん」と言っていたことを思い出した。今から思えば、それは「つくし坊」の意味だったのだろう。春の土手から顔を出すくりくり頭の少年。頭の部分がぱっくり割れたのは笑っているように見える。ネギの花は「ねぎぼん」だった。その昔、土手や畑にはいたるところに少年がいた。
posted by pilz at 23:45| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

電車が

動かない。放送が入って、みなあきらめて、家に電話している。まずい。こんな駅で放置されて、どうしろというのか。ややピンチ。
posted by pilz at 22:04| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

季節時計

ぼくのなかには季節を感知する時計があるようです。ふだん意識している
つもりはないのですが、筋金入りの田舎者ですから、まもなく春というころには、
稲が植えられる前の田んぼや畦道(あぜみち)でレンゲや土筆を摘んでいる夢を見る。
山の斜面でワラビを採ったり、竹薮でタケノコを掘っている夢を見ることもあります。
トップ画像は、いまの自分の季節時計に合わせた、というわけです。

強い日差しが緑の葉を照らしはじめるころには、クヌギの林に行って夢中で
クワガタを採っている夢を見ます。まもなく山桜やウルシの葉が紅く色づきはじめ
ようかというころには、母と山でキノコ狩りをしている夢を見る。
というか、ぼくはそういう夢を見ることで、山や田んぼへ行かなくても、
まもなくそういう時期になることを毎年のように知る。

そういう夢を見ているときは、この上ない至福の瞬間です。幼いころの季節季節の
無性に楽しかった思い出が消えることなく心の片隅に残っているのでしょうね。
たぶんこの夢はぼくが生きている限りはくりかえしくりかえし現われ出てきて、
ぼくを癒してくれるつもりなのでしょう。やさしい夢。

今年の冬も厳しかったように思いますが、まもなくレンゲや土筆が夢に出て
くるはずです。あともう少しで待ち望んでいたなにかが必ずやってくる、
あともう少しで間違いなくなにかにたどりつく――こういう瞬間の時間の流れは、
流れ去る一分一秒がいとおしいような、惜しいような気がします。
季節があることに感謝しないといけないですね。待ち遠しい。
posted by pilz at 22:38| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

KとYが

隣にいるのですじゃ。飲んでおりました。沖縄料理を食べておりました。じぇ、じぇ、じぇ言うておりまする。Kは海ぶどうを8ミリぐらいくれました。プチプチ。
posted by pilz at 23:01| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

人と土地

学生によっては、ぼくが尊敬しているひとのことを、立派な方だなぁと思っているひとたちのことを話す。それは学生が求めてくるからというより、自分が話したいから話す。そしてそれは、ときどきぼくが沖縄はいいよ、八重山諸島はいいよと、聞かれてもいないのに誰かに話しかけるのと同じようなことなのだ。
posted by pilz at 22:01| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

“小さな孤独” のススメ

ひとりでいることにも意味があると思っています。引きこもりやニートが問題になっているわけですが、だからといって、ひとりになってはいけないということにはなりません。生涯をつうじてひとりというのは極端ですが、ときにひとりになること、“小さな孤独” は必要だと思っているのです。

どんどん複雑になる社会で生きてゆくのはくたびれる作業です。たくさんの情報を受け取り、それを処理しながら取捨選択をしてゆかねばなりません。情報を受け取るアンテナには個人差があります。テレビやラジオのアンテナはたくさんの情報を受信できるものがよいに決まっていますが、人間のアンテナの場合、あまり性能がよすぎるのも考えものです。入ってくる情報が多すぎると、処理できずにCPUがパンクしてしまうからです。そういう意味では、ちょっと鈍なアンテナをもっている方が生きるには楽なのかもしれません。

運悪く(?)性能のよいアンテナをもってしまった人はどうしたらいいのでしょうか?処理能力を高めようとするのもひとつの手ですが、容易なことではありません。手っ取り早いのは、新しい情報を受け取ることをときにしばらく休んで、処理作業に没頭できるひとりの時間を作ることでしょう。

ひとりでいることを異様に嫌う人がいます。グループ活動や団体行動が人間であれば絶対にしたがわねばならない命令であるかのように迫ってくる人がいます。いつも誰かといることを強迫観念のように感じている人さえいます。さびしさを恐れているからでしょうか? それとも、非生産的であることを恐れているからでしょうか? もしそうだとしたら、そういう恐れは、“小さな孤独” には必ずしもあてはまらないでしょう。自分自身との対話に豊かさを感じる人がいて、新しい情報をいったん遮断することが、社会で生活してゆくために必要であると感じている人がいるからです。

「ときどき、人間が誰もいない場所に行きたくなる。誰も自分を知らないような土地に行きたくなる」と言う人は、ひとりやふたりではありません。 いずれも、すぐれたアンテナをもった人たちです。小さな孤独を利用してうまく乗り切ってくれればと思います。
posted by pilz at 20:38| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

終わらない

今年度最後の入試が終わった。といっても、大学の入試というのは教室での試験が終わればそれで終わるのではなく、そこから採点があって判定があって、合格発表があって、手続きをした学生が入学して、学んで卒業して、社会で生きてゆく‥‥というところまで連綿として続いてゆくものなのではないか。であれば、いったん入試にかかわってしまったら、もうその仕事は終わらないということになる。
posted by pilz at 23:02| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

もらいもの

ひとからもらったものを箱に叩きこんであって、失礼なことである。整理しないといけない。そういえば、ぼくももらいものなのだ。これを整理するとはどういうことなのか。
posted by pilz at 21:50| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

葉と茎

今日は入試1日目。「海ブドウは茎が美味しいって知ってる〜?」みたいなことを言ったら、茎が好きだという人がいて驚いた。ひとりだけ変なのかなと思っていたから。よくよく考えると、ぼくは葉っぱより茎が好きなような気がする。ホウレンソウもそうだし、なんとか菜の漬け物みたいなものが出てきたら、はっと気づいたら茎ばっかり食べている。
posted by pilz at 19:58| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

明日は

虐待的絆の形成に自分を虐待するような対象とのつながりであってもなにもないよりはマシだという心理が働いていると聞くと、なにも欲しないよりもむしろ無を欲するというニーチェの言葉を思い出す。そして、こういうことってけっこう身のまわりのどこにでもある気がする。楽しくない話をしてしまった。ともかく、明日、明後日は大学院と編入の入試なのである。沖縄での遊び疲れのとれない状態であってみれば、明日、深いメディテーションに落ち込むことは確実であると思われる。
posted by pilz at 23:38| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

告白

今日もそこそこに仕事を放り出して、わたくしは縄暖簾をくぐったのでありました。あぁ、わたくしは罪人でありまする。帰ったらタンカンを食べよう。
posted by pilz at 21:24| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

旅のあとに

というわけで、いつもの仕事に戻っております。方々に連絡して、旅行前に希望のあったお土産を各所に配る作業をほぼ終えました。ただ、海ぶどうを持って帰れなかったのが残念でした。それにしてもお土産ってどういう意味があるのだろう。土産を買うのが好きなひとと、土産にはほとんど興味がないひとがいるような気がする。それは今回の学生たちの様子を見ていてもよくわかった。ぼくはプレゼントをするのは絶望的に苦手なのだけど、お土産はひょいひょい買って配る。プレゼントとお土産、どこがちがうのかは知らないけどね。
posted by pilz at 20:14| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

今日は

離島でヒトデやナマコたちとたわむれていたら時間を忘れて最終の船に乗り遅れそうになりました。ふだんにない全速走で走って、久しぶりに高校のクラブのトレーニングのときに吐きそうになったときの気分と重なった。けっきょくフェリーに待ってもらって!乗れたのであった。
posted by pilz at 19:06| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

今日で

ゼミ生たちとの卒業旅行は終わり。どこにきても、ときどき青いよ〜青いよ〜と叫んでいても、けっきょく自分の立場を忘れることはできなくて、“引率” になってしまう。明日からはそういう堅苦しいことを忘れて、個人的に旅をする。
posted by pilz at 21:24| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

空と海

が青いよー。青くて溶けてしまう、溶けてしまう。(すいません。)
posted by pilz at 14:27| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

今日は

仕事をそこそこに投げ散らかして、センター長のデスクを後にしたのでした。先ほどまでみんなでステーキを食べておりまして、まだホテルには着きません。お腹いっぱいでありまする。パソコンを開けようとしたら、仕事はダメ、と注意されたので開けない。
posted by pilz at 21:57| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

明日は

ついに行ってしまいますのじゃ。そうです。例のところです。わたしのこころはすでにトロピカル色。
posted by pilz at 23:19| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

また、明日にしてくれる?

この時期、どうしても面談が重なってしまう。一人と話しているあいだに
数人の学生がノックすることもしばしば。しかたなく、予約順位、緊急度、
これまでの経緯などから、総合的に、かつ瞬時に取捨の選択をする。

予約順位を重視するが、緊急度によってはこれを覆すこともある。
予約順位を覆されて、ふくれて出ていった学生もいたような。
「ゴメン。また、明日にしてくれる?」。本当のことを言えば、
今日の相談に「また」の機会などないのだ。個研を後にする学生の足音を
聞きながら、今日の相談を明日にすりかえることの無意味さを想う。
posted by pilz at 23:11| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

シャッター街のその後に

小さな町を歩くのが好きだ。もともとそういうところを歩くと、そこはかとなく
寂しさがついてまわるものなのだけど、ここ何年かそういう思いが変に強くなってきた。
その土地の人や産物をみたいために商店街に行っても、あるのは “シャッター街”
ばかりだったりする。それは時の移り変わりを映しているだけだといえばそうなのだ
けど、シャッター街のそばに郊外に新しくできた総合スーパーの姿をみると、
あぁという気持ちになる。そら、そっちに行くよな、ぼくだってふつうはそこに行く。
なんでも揃っているだろうし、わずらわしいこともないだろうしね‥‥

だけど、誰しも考えることだろうけど、そうやって個人商店のようなところを
ことごとく駆逐した総合スーパーがいつまでも続くかというと、そうとも思えない。
先を競って新しいものに大挙するひとたちは、そこそこに歩いて、買えば、
おなかいっぱいになってしまってべつのものを探しはじめる。なにか新しいもの、
べつのものが欲しいのだ、無理はない。そうやっていつかは大規模スーパ−が
あった敷地は荒れ地になって草が生えているようなことになるのかもしれない。
もちろん、個人商店もない。

で、それでなにもないかというと、そうだとも思えない。ネット上でなんでも
できてしまうからだ。例えば、ネットで注文されたものを小型無人ヘリコプター等で
運ぶドローン配送システムが実用化されれば、超速だし、どんな遠隔地でもあっと
いうまに庭先に商品が届く。十年ほどしたら、それぞれの街には無人の小型機が
飛び交っているのかもしれない。

そういうことになると、衣食住のどれをとってもほとんど人と人とのパーソナルな
関係をもたなくてもよくなっていくのだろう。これは大学教育だって同じことで、
これからは大規模なオープンオンライン教育(MOOC)がどんどん進んでいく。
大学に行かなくても、授業の時間を考えなくても、交通費や学費を払わなくても、
好きなときに、わずらわしいことになしに、好きな授業を受けられるのだから。
小学生でも優秀なら大学の授業を受けて、中学生ぐらいで大学卒業資格をとる
ような人も出てくるだろう。それどころか、高校生ぐらいの年齢で大学教員に
なって、MOOC上での名物教授になる者も出てくるかもしれない。十分あることだ。
そんなわけで、MOOCにどうやって乗っかっていくか、どうやってカリキュラム
に組み込むか、そういうことにそれぞれの大学がしばらく頭を悩ませる時期が続く。
それ自体は悪いことでもなんでもなくて、そういうものだ。

そういう悩ましい時期、といっても10年ほどだろうけど、そういう時期がすぎたとして、
無事に残った大学はどういうかたちになるのか。オープンな領域がMOOCの専従に
なるとしたら、残るのはインターパーソナルな領域を受けもつものとしてだろうか。
個人商店などは明らかにその方向に舵を切っているところが見受けられるが、
大学がそちらに舵を切るには時間がかかるような気がする。といっても、
自分の大学はもともとできたときからそういう大学なのだけど。
あぁ、自分だけわかった人のような書き方をしてしまった。
posted by pilz at 12:32| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

霜柱を踏む

朝。近所の公園。久しぶりに立派な霜柱を見て感動する。踏んづけたときのクキクキという音が楽しい。氷が擦れ合う音なのだろうか。そこらじゅうを踏んでまわる。やっとこさできあがったものを一挙に踏み潰してしまうというのは、なんともきもちいいものだ。気づいたら小学生も同じことをしている。あわててやめる。
posted by pilz at 23:34| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

記念碑的ミス

衝撃のミスを犯す。3年もこの仕事をしているのに‥‥。このミスは失敗に彩られた自分史のなかでも、なお燦然と輝き続けて残る。
posted by pilz at 21:57| 京都 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

今日は

kinoko14.jpg
くたびれました。
posted by pilz at 22:48| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

いろんな

考えのひとがいる。なにかというと「相手は同じ人間だから」的な感じでなんとかなると思っているが甘い。アルマジロ同士やオオアリクイ同士ならまだしも、人間は簡単ではない。てっきり人間だと思っていたら、お人形さんだったり、天使だったり、はたまた妖怪だったりする。そう言う自分も妖怪でないという保証はない。こんな当たり前のことさえすぐ忘れてしまって困る。
posted by pilz at 22:39| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

待つということ

今はすっかりやめてしまったのですが、釣りが趣味だったことがあります。
特に「投げ釣り」というのが好きでした。岸辺から餌をできるだけ遠くへ投げて、
広いエリアの魚をせしめようという釣り方です。投げ釣りの代表的なターゲットは
キスとカレイでした(魚の名前ですよ)。キスは春から秋、
カレイは主に晩秋から冬にかけての獲物でした。

同じ投げ釣りといっても、キスとカレイではまったく釣り方が違います。
キスは “動” の釣り。ひっきりなしに釣り場を移動しながら釣るのです。
春先のキラキラ輝く海で糸を垂らすのは気持ちのよいものでした。
釣れるキスもパールピンクに輝いています。「パールピンクの妖精」というのが
キスの別名なのです。そんなことを言っても、すぐ塩焼きにするんですけどね。

一方、カレイ釣りは “静” の釣り。動きが鈍く、餌を食べるのもうまくない
カレイを釣るには、粘りが必要でした。ちょうどこの時期、寒風吹きすさぶなか、
鼻水を垂らしながら、ひたすら魚信(あたり)を待つのです。でも、待つというのは、
じっと果報を寝て待つというのではないのです。刻々移り変わる潮の流れとか、
水温の変化とか、風向きとか、ポイント(餌の位置)とか、餌の鮮度とかいったこと
に常に注意を向けながら、ありとあらゆる可能性の芽に網を張り巡らし、
打てるだけの手を打ったうえでひたすら待つのです。

ぼくはカレイ釣りが下手でした。ついぞ、たくさん釣れたという記憶がありません。
待つとことができなかったからでしょう。教師の仕事には待つことも必要です。
入学式やオリエンテーションで見かけてから何年も待ち続ける学生もいます。
でも、今でも待つのは苦手です。
posted by pilz at 22:37| 京都 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする