2015年03月01日

「イエスと歩む沖縄」

沖縄在住の牧師、平良修さんのインタビュー、「イエスと歩む沖縄」を観た。
「こころの時代〜宗教・人生〜」(初回は2013年12月22日に放送)の再放送。
何カ所も響く箇所があって、書物であれば、何本もの線を引いただろう。

途中、「小さき者」の話があって、あぁいかんと観るのをやめようかと思った。
ぼくはキリスト教のなかにある「小さき者」の話が苦手なのだ。
(なぜそうなのかを詳しく書こうと思ったが、やめておく)。インタビューでは、
そのあとに、人間の価値についての説明があって印象に残った。

「ヨハネによる福音書」の「あなたがたがわたしを選んだのではない。
わたしがあなたがたを選んだのだ」に言われるように、すべての人間の価値は
すでに神によって決められていて、人間にとってはいかんともせず、損ないがたい。
(自分が選んだのであれば選んだ自分の行動次第で自分の価値は損なわれもしようが、
すでに神に選ばれてしまっているのであれば、いかなる自分の行動によっても
自分の価値を損なうことはできない)。その選ばれた価、人間の大切さゆえに、
すべての隣人を愛すべく行動する‥‥といった話に、いままで何度も何度も
読んできた言葉に対し、いままで感じてきた人間のヒュブリスではないのか
というのとは異なった印象を、うまくは言えないが、平良さんの話を聴いて
抱くことがあった。これは自分のなかでの新しい発見となった。

ぼくの言葉ではうまく伝えられそうにないので、もしまた再放送されることが
あったら、インタビューをつうじて平良さんから直接聴いてみてください。
posted by pilz at 17:01| 京都 ☔| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

「ドキュメント72時間」

対象をしぼって72時間の定点観測をするNHKの番組
定点観測といっても、なかみは人間ドラマ。前回の池袋の
金券ショップの様子はおもしろかった。いろんなひとが行き交う。
「行き交う」と刹那的な表現をしてはみるけど、あくまでそれは
ひとりの人間のこと。それぞれが小宇宙を抱えている。

ちょっと前に放送していた北大の自治寮の話も楽しかった。
北大の自由な学風のなかでたくましく育っていく学生たち。
100年以上の歴史があり、400人が暮らす。家賃は1万円ほど。
「自治」とは、自由と責任の謂いなのだ。あれをみて、
なにがなんでも北大でないと‥‥と思った高校生は全国に
あまたいただろう。そして、そんな北大の自治寮でも、
寮生たちとの交流よりも、個室での生活を望む者がだんだん
増えてきているというのも、考えさせられた。

ある一点にのみフォーカスしているようでも、そこには歴史の
積み重ねが反映されていて、また新しいものが流れ込んでいる。
そんななかで翻弄されたり、立ち上がろうとする姿がある。
誰なんだろう。こんな番組を制作しようとしたのは。
こういうのって、NHKの底力だと思う。
posted by pilz at 10:15| 京都 ☁| Comment(2) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

とり松のばらずし

barazushi.jpg
今日のキノコ的逸品は、とり松のばらずしにございます。鯖やら鮭やらで遊んでいて、思い出しました。京都市内の鯖寿司は有名ですが、丹後地方にも鯖を「おぼろ」にして、他のものを合わせてばら寿司(ちらし寿司)にする文化があるようですね。

小さなころはばら寿司を好まなかったのです。なにゆえにバラバラのものを食べねばならないのか、はじめから統一感がないと宣言してどうするのだ‥‥とか思っておりました。でも、歳とともに好きになってきて、いまでは大好きになりました。なかでも、これはとても美味しくて、よく買い求めます。どういう風に美味しいかですって?そうですね、ベースは鯖なのですが、いろんなものの食味のバランス、ハーモニーがいいのです。ハーモニーがわかる年齢になってきたのですかね。新幹線の京都駅に売っていますから、よろしければどうぞ。
posted by pilz at 18:59| 京都 ☔| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

「命の一滴 いただいて〜岩手・漆の里の四季〜」 (ハイビジョン特集)

コマーシャリズムやいっときの流行を追いかけ回すのは好きではない。
こういうのがNHKにも最近目立つようになってきて、NHK大好きなぼくは
いったいどうしたらよいものか困っていた。いっそ捨ててしまって
きれいさっぱり忘れてしまおうか、などとも思っていたのである。

ところが、「命の一滴 いただいて〜岩手・漆の里の四季〜」 を観てしまった。
「ヤノマミ 奥アマゾン 原初の森に生きる」(NHKスペシャル)は鳥肌の立つ
秀作だったが、これも出色の出来だった。どちらも、命についてまじめに考
えたいと思っているひとには格好の番組だと思えた。やはり、NHKとは
観ざるをえないものの名なのだ。優秀なピーナッツのひとつふたつもあれば、
それだけで柿の種一袋も食べられるのである。

「命の一滴」は、国産漆の大半を生産する山里で働く漆かき職人の1年を中心に
編まれている。6月にはじまる漆かき作業の前に職人は服装やすべての道具を新しくし、
神に祈り、神妙な面持ちで山に入る。漆かきは生きた漆の木肌に傷をつけることで
樹液を採るが、職人はそれを「殺生」とも「生殺し」とも表現していた。
殺生だという意識と、それでもやらねばならぬ生業(なりわい)であるという意識との
せめぎ合いがそうした面持ちを作るのだろう。穏やかに自宅で話す、
幾星霜を経たかのような職人の顔もまた印象的であった。

長野県にはキノコ狩りを「殺生」と表現する地方があると聞いたことがある。
posted by pilz at 22:00| 京都 ☔| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

オーギョーチ

ogyo.jpg
posted by pilz at 22:00| 京都 ☀| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

食用ホオズキ

ippin07.jpg
記事を投稿後にべつのものにしてしまうというおきて破りをします。

昨日の記事があまりにもつまらなく、論理的に破綻していて、
そして、どうにもこうにも腹にも据えかねることに、知りもしない世界を
上から目線で評価するかのような書き方をしていたので。
――

ホオズキが美味しいわけがあるまい‥‥と思っていたのですが、
ためしに食べてみて、その品のよい甘さに驚いたのでした。
posted by pilz at 23:45| 京都 ☁| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

三年寝太郎

kamekichi01.jpg
彼がいつからそこにいるのかはわからない。
少なくともぼくが気づいたときにはそこにいた。
だから彼とはもう2年と3ヶ月のつきあいになる。といっても、
同じ部屋にいたのは1年間だけで、その後、ぼくは引っ越して、
彼はいまFG長のKさんの上にいる。

元気にしているやろかと思って昨日こっそり会いに行ったら、
変わらず壁にはりついていた(写真は昨日撮ったもの)。
ぼくがC長を終わるときには外に出してやろうか、どうしようか。

カメ吉とは関係ないけど、「三年寝太郎」という話がある。
ぼくは小学校のころにこの話を聞いて、たいそう感激したのだが、
一般受けしないのか、これが日々の話題にのぼったことはない。
不思議だ。眠っているという、とても非生産的な活動に
思えることが、軒並み外れた生産的なことに結びつくなんて、
すごくおもしろいストーリーなのに‥‥

学生を相手にしていると、この学生は三年寝太郎だったのか!
と驚くことがある。あぁ羽化した、メタモルフォーゼした。
別のものになった、と思うときがあるのだ。
posted by pilz at 12:24| 京都 ☁| Comment(2) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

豊後きのこカレー

ippin06.jpg
この時期になっても、目がかゆくて、くしゃみばかりしているのですが、
これは花粉症なのでしょうか、どうなのでしょうか。どなたか、
花粉症のスペシャリストの方は、読者におられないでしょうか。

さて、今日の逸品です。「豊後きのこカレー」です。
写真がいま三つぐらいです、すいません。学生からの貢ぎ物です。
つねひごろお世話になっている先生に、なにか返せないようなら、
心苦しくて、仕方ないのでしょう。ちがいますか?はぁそうですか。

ともかく、前回もらって、「うみゃ〜うみゃ〜」と言ったおいたら、
改めてもってきてくれました。これといっしょに、
「いりこクッキー」だったか、いりこの入った歯ごたえのよい
食べ物をもらったのですが、ぜんぶ食べてしまったので、
写真はないのであります。

学生に、「大分ではクッキーにいりこが入っているの?」と聞いたら、
「このお菓子は大分では常識です」、みたいなことを言っておった。
世の中には、まだぼくの知らんことがよぉけぇあるのだ。

仕事をしながら、ボリボリボリボリ言わせながら食べていたら、
横で仕事をしているGB長(もっとわかりやすく書け)が「先生、
それ、美味しそうですね」と、その小気味よい音をほめておった。
ひょっとすると叱られたのかもしれん、ごめん、
仕事中にボリボリボリボリして‥‥

はいはい、話がそれました。豊後きのこカレーでした。
ここには「若芽どんこ」が入っておるのです。「どんこ」というのは、
しいたけの種類ですな。成長すると笠にひび割れが入る高級な
しいたけです。それの小さいのがカレーに入っているのですね。

カレーにその地方の○○が入っているパターンのものは、
カレー自体は美味しくないこともあるのですが、これはカレー自体も
とっても美味しいのです。キノコだけでも高ポイントなのに、
カレーまでよろしいということで、晴れて逸品認定となりました。
posted by pilz at 23:02| 京都 ☀| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

マルキ商店の冷しあめ

hiyashi.jpg
理由はよくわかりませんが、冷やし飴が好きで、夏など、
街角で売っているのを見かけると欲しくなります。

なんというのでしょうか、冷やし飴とかグリーンティーとかが
噴水式になって吹き出しているような販売器具がありますよね。
あれを見ると、ついつい買ってしまいます。冷やし飴よりも、
あの噴水式のなんちゃらが好きなのかしらん。

マルキ商店の冷やし飴はほぼ完璧な感じがしますが、じつは昔、
伏見の大手筋商店街(だったと思う)に、最高に美味しい
冷やし飴の素を売っている店があったのですが、
いまはもうないのでしょうね。昔話です。

暑い時期に、きんきんに冷やして召し上がれ。
posted by pilz at 22:36| 京都 ☁| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

『清沢満之―その精神(にんげん)にせまる―』発刊

kiyo01.jpg
『清沢満之―その精神(にんげん)にせまる―』が発刊されました。
1年にわたって『文藝春秋』に書いてきた「人間・清沢満之シリーズ」、『朝日新聞』掲載のインタビュー記事、藤田正勝先生と安冨信哉先生によるシンポジウムという三つの企画が収録されています。G君との共同作業で、研究者にも、一般の方にも読めるようにまとめたつもりです。全67頁。
遠方の方でも、200円(2014年4月1日以降は205円)分の切手を送付いただければ、折り返し送ってくれるそうです。
詳細はこちらを。(K課のみんな、お世話になります、ぺこり。)

以下、中身の一部を。
kiyo02.jpg
kiyo03.jpg
posted by pilz at 15:33| 京都 ☁| Comment(2) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

『英国王のスピーチ』

またもやNHKのBSプレミアムシネマでの放送。
何曜日か忘れたので、自分で調べてください。

この映画はFさんがレビューを書いているのを読んで、
ならば、と観て、好きになった作品。吃音に悩まされた
英国王ジョージ6世の実話がもとになっている。

この映画を観て動かされないひとがいるのだろうか、
などと、また自分が世界の正当派であるかのような言い方をする。
ただ、字幕で観るのは少しむずかしいかもしれない。

流ちょうでないよりも流ちょうに話す方が聞きやすいし、
それに越したことはないわけだけど、そんなこととは無関係に、
相手が大切なことを話していると思えば聴衆は耳を傾けるし、
聞くに値する生き方をしているひとの話であれば、
やはり耳を澄まし、耳を傾けざるをえないものなのだ。

もし、この聴衆が、自分の声を聞いている自分自身だとしたら、
耳を傾けざるをえないことを自分が話している、
自分は耳を傾けてもらってもよい自分であると思えたとき、
いったい、どんなことが起こるのだろうか。
posted by pilz at 22:58| 京都 ☁| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

『スティング』

NHKのBSプレミアムシネマで、『スティング』が放送されるらしいので。
11日。有名な映画なので知っているひとは多いかもしれないけど、
まだの方がおられたら。字幕スーパー。

名優、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの共演。
どういう風におもしろいかは、あくまで秘密なのである。
なんでもかんでも用意周到でないと、検索をかけたうえでないと
前に進まないというのは、世界のうげげ感と、
わくわく感を削ぎ落としてしまうのだ、ニャン吉よ。
posted by pilz at 10:42| 京都 ☁| Comment(2) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

「驚異の小宇宙 人体T」

こないだ、OさんとFさんと話していたときに、
蓮如がええ声やったんやないか、という話が出てきた。
あんだけの布教力は、ええ声なしにはでけんやろ、
ということだったような、ちがったかな。

それで、ええ声のお坊さんと言えば、
うちの大学では、某先生の伝説となるのである。
これについては、いつも、哲学科のCKPせんせが話す話が
あるのだけど、ぼくなんか、上品さをとったらなにも残らない
ような人間だから、そういうことは、ここでは話さない。

それにしても、ええ声ってどんな声を言うんだろうね。
哲学科だったらWさんになるのだろうけど。
ともかく、ぼくはええ声だと言われたことがない。
要は、自分の好きなひとなら、ええ声なんじゃないか。
違いますか? はぁ、そうですか。

このごろすぐに「キノコ的逸品」にもっていく傾向がある
ような気がするけど、今日も、ナレーターで
ぼくの好きな声をあげるとしたら、男性なら久米明。
幼いころ、「すばらしい世界旅行」という番組のナレーション
をしておられて、いまもご存命なのがうれしい。

女性なら山根基世さん。NHKスペシャル「驚異の小宇宙人体」
とか「映像の世紀」のナレーションは忘れられん。
映像はもちろん、久石譲や加古隆の音楽も絶品だった。

「驚異の小宇宙 人体T」の第1集と第6集なんて観た日には、
このぼくでも、3時間ぐらいは善いひとになれる、ような気がする。
無理ですか? はぁ、そうですか。ともかく、若い人には
観て欲しいのだ。世の中の出来事をささくれた心で受け止める
可能性をほんの少し、引き下げてくれそうな気がする。
posted by pilz at 22:55| 京都 ☀| Comment(2) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

『忘れられた島』

なにか心がささくれていた。
夜遅くなのに冷蔵庫にカフェオレをみつけて
がぶ飲みしてしまう。最悪だ。

なにがささくれているかと考えれば、
明後日が初稿締め切りの清沢原稿が書けていないのだ。
そうなのである。今日一日、なにをするでもなく、
へろへろと遊んでしまったのだ。

昨日、学生が白神山地で見た星空は衝撃だった、
とか抜かしおったものだから、にわかに白神山地を
調べたりしていた。沖縄にも行こうと約束したものだから、
沖縄や離島の本を読んだりしていた。

沖縄、離島の本で好きなものを書いておこうか。
池澤夏樹『神々の食』(文春文庫)。この本を読んで、
沖縄に行きたくならないひとがいたら、どうかしている。
(また自分をスタンダードにして、もう。)

もう一冊は、『忘れられた島 』(復刻版岩波文庫写真集)。
これは、読んで好きになるひとは少ないかな‥‥
復刻版で森まゆみが「平均化される前の暮らし」と書いている。
平均化や均質化もけっこうだけど、 unique さを推す。
「上三島」の先生はすごいがんばってたんだ。
生徒たちには希望があった。えらいな、えらいな。

あまりにもマニアックな本なので、
「キノコ的逸品」に収録。
posted by pilz at 23:28| 京都 ☀| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

謎の爬虫類

ippin02.jpg
ほらね、マニアックでしょ?だから言ったじゃないですか。

これは、ぼくが一度は出会ってみたいと思っていて、
ドイツのとある山で見つけて、狂喜乱舞したもの。
もちろん、ヘビではない。同行者にヘビではないと告げて、
「バカなことを言うな!」と罵倒された。
長ければヘビだと思っているのである。
そのときぼくは、無自覚の無知というのは
まことにつまらないものだ、と思ったものだ。

ぼくは、変わったタイプの爬虫類が好きなのだけど、
これ以上話すと、変なひとだと思われるので
(変なひとだけど)、黙っておく。
posted by pilz at 22:02| 京都 ☀| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

フリクションペン

ippin01.jpg
キャー、どんどんパフパフ。お待たせいたしました。
キノコ的逸品の第1回であります。フリクションペンであります。
消せるペンです。後ろの白いゴムで消せます(消しゴムでは消せません)。
なになに?さして珍しくもないものをって?(がびーん)

ぼくの使っているのは黒・赤・青という三色のもので、
いちばんよく使うのは赤です。校正や添削で使うからです。
こないに便利なもの、教員で使わないひとがいるとはどういう
ことなのでしょうかと、ちょっと新しいことを覚えたら
自分が世界のスタンダードであるかのように思って
言い散らかす、悪いクセがさかんに発動しております。

表現するということも大切ですが、それがじぶんの
意志でいつでも消すことができる‥‥このこともまた、
大切なことなのではないでしょうか。すいません、
また、含蓄のあることを言ってしまいました。

このようによろしいフリクションペンですが、
いくつか欠点もあります。ひとつは、インクの減りが
恐ろしく早いのです。消せるというので喜んでこのペンを使う
のですが、喜んで使うものだからまた減りが早くなってしまいます。
もうひとつは、消せて楽しいものだから、
添削しすぎてしまうことです。

相手がゼミの学生だけだったらいいのですよ。
このごろのぼくは部署のひと、ほかの先生、誰彼となく、
必要なのかわからないような添削までするようになってしまい、
周りからすれば、迷惑このうえないことだろうと思うのです。
この調子だと、いずれ、添削してはいけないひとの文章まで
添削してしまって、自分を消してしまいそうな勢いなのです。
(どうも、いまひとつのオチで。)
posted by pilz at 21:50| 京都 ☀| Comment(0) | キノコ的逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする